キャンプ 料理 肉,キャンプ インスタ映え 料理

キャンプには、なんといっても美味しい料理、
特に肉料理が欠かせないですよね?

普段の料理だけでなく、キャンプの際もインスタ映えを狙って
料理のメニューを考える方も多いです。

キャンプでは、どんな肉料理が人気なのか、
どんな料理がインスタ映えするのかについて
ご紹介します!

キャンプ料理の主役「お肉」

海や山など自然いっぱいの中で、
家族や仲間とワイワイ楽しくキャンプするのは、
とっても楽しいですよね。

料理もいつもよりも張り切って作ったり、
新しいメニューに挑戦してみたり、
楽しんで料理をする方も多いことでしょう。

キャンプで料理と言えば、
やはり最初にお肉や野菜を焼いて食べる
バーベキューが浮かぶかと思いますが、
キャンプでももっといろいろな料理が楽しめます。

お肉たっぷりカレー

お肉たっぷり、野菜もたっぷりのカレーを
普段のお鍋よりもたっぷり目に作ると
いつも食べているカレーよりも美味しく感じます。

子供さんがいる方などはキャンプで作る定番料理としています。

その時の気分で、入れるお肉はポーク、チキン、ビーフと
変化を付けることも出来ますし、簡単で良いですね。

ローストビーフ

表面にしっかりと焼き色を付けて、
ラップに包んで放置しておくだけで、
余熱でローストビーフが出来上がっています。

スライスして野菜などと綺麗に盛り付けるだけで
素敵なごちそうになります。

ビーフシチュー

キャンプに煮込み料理は珍しいと感じる方もいますが、
材料を鍋に入れて準備し、他の料理をしている間に
横でコトコト煮込むだけで出来上がります。

もちろん、チキンやポークのクリームシチューでも良いですね。

手羽元の煮込み

こちらもビーフシチューと同じように
コトコト煮込むだけです。

他の料理をしている間に、じっくりと中に火が入るので
柔らかく美味しく出来上がります。

唐揚げや串揚げなどの揚げ物

自宅では汚れるのが嫌だからあまり揚げ物はしない、
という方でも、外で思いっきり出来るので、
意外とキャンプで揚げ物をする方も少なくないんです。

しかも、お泊りキャンプならばお酒もOKなので、
揚げ物はおつまみにピッタリで美味しく食べられます。

キャンプでインスタ映えする料理

最近では、キャンプに行ってもインスタ映えする料理を選んで
作る方が多いですよね?

普段はなかなか作らないけども、キャンプでインスタ映えを狙うために
かなり頑張って複数のメニューを作る方が多いです。

丸ごとローストチキン

丸ごとの鶏肉を買ってきて料理をする方は
普段は少ないかもしれません。

しかし、キャンプでダッチオーブンを使って作れば、
苦労することなく簡単に作ることが出来ます。

下味をつけてじっくり焼くだけ簡単!

そして出来上がってから野菜と一緒に盛り付けて写真を撮って
アップすれば、インスタ映えすること間違いなしです。

ハムやローストビーフを挟んだサンドイッチ

ハムや自分で作ったローストビーフなどをレタス、
きゅうり、ゆで卵などと一緒にパンに挟み、
お皿に綺麗に盛り付けて写真をアップ。

色合いに気を付けてカラフルにするだけで
インスタ映えさせることが出来ます。

チーズフォンデュ

たっぷりのチーズをワインで溶かして、
ウインナー、ジャガイモ、プチトマト、フランスパン、
ブロッコリー、エビなど好きな材料をチーズに付けるだけ。

とろーりチーズを絡めたところをアップすれば
インスタ映えが狙えますね。

魚介たっぷりパエリア

エビ、ムール貝、アスパラガス、パプリカなどで作るパエリアは、
カラフルなのでインスタ映えにピッタリです。

普段自宅では作らないという方でも、
キャンプでは挑戦してみようという方は多いですよ。

低温調理器「ボニーク」はキャンプ料理に必須

ボニークは、簡単に家庭でも低温調理出来る便利なアイテムです。

肉に含まれている動物性のタンパク質は、
調理温度が60℃を超すと固くなってしまいますし、
68℃を超えると縮んで水分が奪われてしまいます。

そうなると、ぱさぱさになって美味しくなくなりますよね。

しかし、ボニークを使って低温調理が出来れば
柔らかくてジューシーなお肉料理を作ることが出来るんです。

決して高くないお肉でも、ボニークで低温調理をすることで

高級なお肉なの?
こんなに柔らかく作るのってどうやるの?


と言われる程、お肉を美味しく変身させることが出来るんですよ。

肉料理を作る機会が多いキャンプでも
ボニークを使えば、簡単に美味しい料理を作ることが出来るので
おすすめなんですよ。

ただ、ボニークは電源が必要となりますので、
コンセントがあるキャンプ場などでなければ
残念ながら使うことが出来ませんので
事前に確認しておきましょう。

ポータブル電源があればどこでも大丈夫なのでは?
と思う方も多いのですが、使用する電力が大きいため、
多くのポータブル電源ではボニークを使うことが出来ません。

別の方法として・・・

自宅でボニークを使って料理を作り、
しっかりと保冷剤と保冷バッグなどで冷やして
キャンプ場に持って行くことです。

しっかりと冷やした状態で持って行かないと悪くなってしまうので
食中毒などにならないためにも気を付けましょう。

キャンプ場では、フライパンなどで再度温めたりして
美味しく食べましょう。

いざキャンプで料理を頑張ろうと思っても
複数の料理をするのは大変なので、
ボニークを使って自宅で用意していくのも賢い方法ですよ。

キャンプで美味しい肉料理などを作って、
インスタ映えを狙いたいという方は、
簡単に出来るメニューや作り方などを
事前にしっかり確認して、楽しく料理しましょう!

ボニークってどんなものなのか?
低温調理について詳しく書いています⇒こちらです♪