タンパク質 美味しい料理 ダイエット

タンパク質を美味しい料理に取り入れて食べることで
ダイエット効果が期待出来ます。

ダイエットしたいからと言って
野菜だけ食べれば良いと思っている方はまだいますが、
タンパク質を摂取しなくては痩せることは出来ません。

ここでは、タンパク質を美味しい料理に取り入れる方法、
レシピなどをご紹介しますので、
上手に取り入れてダイエットを成功させましょう!

ダイエット時のタンパク質の美味しい料理【食材】

ダイエットする際にタンパク質で美味しい料理を作るには、
どんな食材を使えば良いのかご紹介します!

肉類

豚肉や牛肉は、脂身が少ない赤身を選ぶようにします。

サーロインやバラなどは美味しいですが、
脂身が多いのでダイエットには向いていないです。

ダイエット時は、モモ、ヒレなどを選びましょう。

赤身には、L-カルニチンやビタミンB群といった脂肪燃焼効果促進の
栄養素がたっぷりと入っていますのでおすすめです。

鶏肉は、高タンパク質なのに低脂肪でダイエット時に摂取する
タンパク質としてよく知られています。

特におすすめの部位は、ムネやササミです。

唐揚げなどに使われることがおおいモモは、
脂肪分が多いのでダイエット時は気を付けて摂取しましょう。

あまり食べたことがない方も多いかもしれませんが、
ラム肉は低カロリーでダイエット時におすすめです。

ラム肉にもL-カルニチンが含まれています。

魚類

魚のほとんどが低カロリーで高タンパク質なので、
ダイエット時には特に摂取して欲しい食材です。

中でも、サバ、サンマ、マグロ、イワシといった青魚は、
不飽和脂肪酸の一つのDHAやEPAがたっぷりと含まれています。

魚の脂はオメガ3という良質な油で、摂取をすすめらています。

豆類

有名なところで大豆です。

女性に嬉しいイソフラボン、ミネラル、オリゴ糖が
たっぷりと含まれているので、美肌効果や整腸効果、
脂肪燃焼効果と代謝アップ効果もあります。

大豆は、豆腐、納豆、おから、もやしなどがあります。

豆腐も納豆も簡単に摂取出来ますので取り入れやすいですし、
豆乳を料理に使うのも良い方法です。

卵は完全栄養食と言われており、栄養を手っ取り早く摂取するのに
とても適しています。

ゆで卵、目玉焼き、卵焼きなど、簡単に摂取出来ます。

乳製品

チーズ、牛乳などもタンパク質です。

乳製品も手軽に摂取出来ますが、気を付けなくてはいけない点は、
高カロリーなことが多いことです。

どうしても脂質も多めな食材ですので、
摂取しすぎるとダイエットには逆効果になってしまいます。

ダイエット時のタンパク質の美味しい料理【レシピ】

こんなにたくさんのレシピで高タンパク質の美味しい食事が作れます♪

肉類を使ったメニュー

【鶏むね肉のサラダチキン】

沸騰させたお湯に皮をとった鶏むね肉に塩コショウしたものを入れ、
15~20分ほどゆでます。

ゆで終わったらそのまま蓋をして放置し、
冷めたら鍋から出します。

出来上がったサラダチキンをほぐして棒棒鶏にしたり、
キュウリやレタスなどの野菜と一緒にサンドイッチにしたり、
アレンジもたくさん出来ます。


【鶏ささみの生姜焼き】

醤油と生姜にささみを漬けて置き、
味がしみ込んだところでフライパンで焼き、
しっかり中まで火を通します。

脂肪分がなく淡白なササミですが、
味をしっかりと付けて焼くことで美味しい料理になります。


【ローストビーフ】

牛肉の全ての面に塩コショウをまぶし、
フライパンで焼き色を付けます。

ラップに包み、密封ビニール袋に入れて
沸騰したお湯で5分ゆで、火を止めてそのまま20分ほど置きます。

その間に、焼き色を使った際に使ったフライパンで
ニンニク、しょうゆ、酒などを入れて煮詰めてソースを作ります。

好きな厚さにスライスし、ソースをかけて出来上がりです。

牛モモ肉を使って作るので、脂肪分も少なく、
低カロリーな料理です。

魚類を使ったメニュー

【白身魚のソテー】

フライパンにオリーブ油を敷き、
塩コショウを振ったタラなどの魚、キノコ類などを入れて
ソテーします。

簡単に出来ますし、魚を替えたり、一緒にソテーするキノコや
野菜を替えればバリエーションも増えます。

ホイル焼きにするのもおすすめです。


【鯖缶とキュウリの和え物】

鯖缶は水煮を使います。

スライスしたキュウリと鯖缶を汁ごと混ぜ、
お好みで酢を少々足します。

シソなども加えると風味が増します。

硬く炊いたご飯と混ぜると、簡単に鯖缶混ぜ寿司にもなるので
おすすめです。

豆類を使ったメニュー

【大豆とひじきの煮物】

大豆は、水煮されて売られているものを使うと
簡単に出来ます。

水で戻したひじきと人参、インゲンなどの野菜と大豆を
出し汁で煮ます。

大豆をたくさん入れても柔らかい大豆なので食べやすいです。


【納豆アレンジ】

納豆はそのままご飯と一緒に食べるのが簡単ですが、
薬味を替えたりすると飽きずに食べることが出来ます。

ネギ、ワサビ、キムチ、卵、七味など、
お好みのものをミックスするだけです。

卵を使ったメニュー

卵をダイエット時に摂取する際のおすすめは、
一番はゆで卵です。

ゆでるだけで簡単ですが、ゆで卵は腹持ちも良く
食べた感じがするのでおすすめです。

ただ、飽きてしまうこともありますので
たまには違う方法で卵は摂取しましょう。

乳製品を使ったメニュー

【野菜シチュー】

玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーなど、
好きな野菜を切り、オリーブオイルで炒め、
一度火を止めて小麦粉をまぶします。

そこで、再び火をつけて一気に牛乳を入れて、
だまにならないように混ぜ合わせます。

コンソメと塩コショウで味を付けて出来上がりです。

お好みでチキンなどを入れても美味しいです。

脂肪が気になる際は、低脂肪乳を選びましょう。


【チーズトースト】

食パンにチーズを乗せて焼くだけです。

チーズは食べ過ぎると高カロリーになりやすいので、
低脂肪チーズなどを選ぶと良いです。

タンパク質を美味しい料理に取り入れてダイエットすれば、
食事に我慢することがないので、無理なく継続することが出来て
ダイエットに成功することが出来ます!

ダイエットにタンパク質が必要な理由

ダイエットするにはカロリー摂取をとことん減らせば良いと思い、
お肉や魚などといったタンパク質を全く摂らず野菜だけ食べる、
という生活を送る方はまだまだたくさんいます。

しかし、いくらこんなに頑張ってタンパク質摂取を控えても
体の調子が悪くなることはあっても、健康的に痩せる、
ということは叶いません。

やはり、ダイエットするにはタンパク質が必要なんです。

人間の体は、およそ6割が水分で出来ており、
タンパク質は1.5~2割くらいです。

6割の水分を抜いて考えると、残り4割のうちの半分程が
タンパク質で出来ている、ということになりますよね。

それほど人間の体にはタンパク質が必要ということになります。

タンパク質は、筋肉や臓器、髪、肌、爪を作っており、
体内のホルモンや酵素、免疫物質も生成しておりますし、
栄養素を運ぶ役割も持っているのでとても大事です。

実は、タンパク質は多数のアミノ酸が結合して出来ており、
20種のアミノ酸がいろいろな配列をして構成しています。

体内で作ることが出来るのが20種中11種なのですが、
必須アミノ酸と言われている9種は体内で合成出来ないので
食事の時に摂取しないといけないんです。

必須なのに自分でしっかり摂取しないといけないアミノ酸。

筋肉はタンパク質で出来ているので、ダイエットのために
カロリー摂取を控えると筋肉が分解されて筋肉量が低下し、
痩せたとしてもメリハリのない体になりますし、
女性ならば特に気になる髪のパサパサもひどくなります。

痩せたいからといってタンパク質を控えてしまうと、
逆に痩せにくくなりますし、痩せることが出来たとしても
健康的な体は手に入れることが難しいんです。

ダイエットにもタンパク質の摂取がいかに大事なことなのか、
わかりますよね。

タンパク質を美味しい料理にしてダイエットの時も
上手に取り入れていくようにしましょう。

高タンパク質のメニューってワンパターンになりがちですが
低温調理器を取り入れるとメニューの幅が広がり、食材のうま味と栄養を凝縮してくれます。

>>人気の低温調理器について詳しく説明しています♪