低温調理器「アイリスオーヤマ」の優秀さについて特徴と価格を中心にお伝えしていきます。

  • 料理に自信がなかった人
  • レシピの幅を広げたいと思っている人

一家に一台あると助かるキッチン家電です。

低温調理 アイリスオーヤマの特徴

アイリスオーヤマの低温調理器は、
発売当初は15,000円程度でしたが、
現在は少しずつ価格が下がって
10,000円を切って販売している時もあります。

他の低温調理器よりも
価格が安めという点が特徴的です。

温度が25~95℃まで0.5℃刻みで設定出来、
時間も1分~99時間59分まで1分刻みで設定可能で
とても細かく設定出来ます。

カラーは黒でスタイリッシュです。

キッチンにそのまま出しっぱなしにしていても
大丈夫です。

後ろに付いているクリップで留めるタイプです。

レシピブックも付いてくるので
購入したその日から使うことが出来ますよ。

低温調理 アイリスオーヤマの使い方

①鍋または深さがある入れ物を用意する

②水を入れて低温調理器をセットし、
余熱をスタートする

③密閉袋に食材と調味料などを入れて空気を抜く

④セットした設定温度に到達したら
食材が入った密閉袋を入れて沈める

⑤タイマーの音が鳴って低温調理が終了したら出来上がり

低温調理 アイリスオーヤマでローストビーフを作ってみる

①鍋や入れ物に水を入れて、
57℃で4時間で低温調理をセットして、余熱をスタートさせます。

②密閉袋に塩コショウした牛肉のブロックを入れる。

③設定した57℃になったら、密閉袋に入れた牛肉を水の中に入れて
沈めます。

④4時間経つとタイマーが切れて音が鳴ったら取り出し、
サッとフライパンで焼き色を付けます。

⑤出来るだけ薄くスライスして盛り付け、
お好みのソースをかけたら出来上がり。

自宅で作るローストビーフは、
火の入りが微妙だったり、ムラが出たりしますが、
低温調理で作ると誰でも上手に作ることが出来ます。

最後に焼き色を付けるのもポイントですし、
出来るだけ薄くスライス出来ると、
お店のような感じになりますね。

低温調理 アイリスオーヤマのメリット

価格や仕様、使いやすさなど分かりやすく5つのメリットについて説明してみました。

他の低温調理器よりも価格が安い

他のメーカーなどで発売しているものは、
20,000円程するもの等が多いので
アイリスオーヤマの低温調理器はそれと比較すると安いです。

大手アイリスオーヤマの商品なので安心

日本で有名な大手のアイリスオーヤマの商品なので
安心して使用することが出来ます。

防水設計で防水規格のIPX7対応

もしも倒して本体を浸水させてしまったとしても
漏電などの心配などもなく、安全に使うことが出来ます。

電源プラグが日本仕様

当たり前でしょ?っと思われるかもしれまあせんが、低温調理器はもともと海外で使われていたもの。
日本仕様のものはやっと最近発売されているくらいで、電源プラグが海外仕様になっている商品もあるので注意が必要です。

ちなみに日本で最初に発売され有名な「Anova」は完全に海外仕様で電源プラグは3口。
だから自動的に変換アダプタを購入して使用しなくちゃいけない…という超絶面倒です。

加えて取扱説明書も英語のみです。
これではイイものでも日本人は敬遠してしまいますよね。

温度設定や時間が細かく設定出来る

いろいろな料理、スイーツ作りに挑戦することが出来ます。

1年保証付き

壊れるという事例はあまり聞かないので心配する必要はないと思いますが、保証がついていると安心できる。

なぜなら低温調理器である以上、水(お湯)に本体をつけて使うタイプなので何かあった時の保証はあった方が良い。

並行輸入品の「Anova」は保証書は基本的にないのでないので不安が残る。

ちなみに、最近インスタでよく見かける(公式レシピも豊富な)「BONIQ(ボニーク)」はアイリスオーヤマと同じで1年保証付きです。

保証期間内に故障や食不良があった場合は、保証規定に従って交換や修理をしてもらえるので万が一の場合は安心です。
(ただし、保証書を保管してない場合は有料になるケースがあります。)

低温調理 アイリスオーヤマのデメリット

デメリットと言っても許せる範囲ですが、念のために書いておきます。

割とサイズが大きめ

キッチングッズとしては決して「コンパクト」とはいいがたい。

収納場所に困るかもしれませんが、
多くの方は使い始めるとかなりの頻度で使うようになり、
出しっぱなしにしているのであまり気にしなくなります。

浅い鍋だとクリップで固定することが出来ない

深さのある鍋や入れ物を用意すれば大丈夫です。
言い換えれば深ささえあれば鍋でなくても安いもので代替できます。

ズホラさんほど「低温調理器」を使うメリット大

低温調理器はアイリスオーヤマだけでなく、海外仕様でOKの人は昔から使われている「Anova」。
最近、インスタで見かけるようになった「BONIQ」と様々なメーカーから発売されています。

総合して「低温調理器」について、なぜズボラさんほど使うメリットが大きいかというと、難しい火入れが簡単に出来てしまう。

要は調理の失敗しようがないからです。

完璧な火入れは料理を制したと言ってもいいほど、プロでも神経すり減らす難しさ。

なのに低温調理器があれば火入れは完璧だし、じっくり低温調理することで素材の旨味と栄養を閉じ込めていつも同じ美味しさを提供できる。
低温調理している時間内はアラーム音が鳴るまで放置でOKなので、他の料理の準備も出来るでしょ♪

洗濯ものをたたむとか片付け、家事全般も並行してやれちゃう。
なのに調理の失敗なしなキッチン家電って「神」でしょ。