出産祝いを贈る際は、おしゃれで珍しいもの、便利なものを
出来る限り選びたいものですよね。

友人、職場関係の方、親戚の方など、贈る方は様々ですが、
他の人とはちょっと違うものを贈って喜ばれたいな、
と思ったりする方はたくさんいるはず!

金額によっても様々だとは思いますが、
出産祝いでおしゃれで珍しいもので便利なものって
どんなものがあるのでしょうか?

出産祝い!おしゃれで珍しく便利な商品

出産祝いを贈る際、他の方よりもおしゃれなもの
珍しいもの、便利なものを贈りたい!と、
張り切って調べたりする方もいますよね。

せっかくならば、誰ともかぶりたくないし、喜んでもらいたいし、
こんなにおしゃれで珍しいものすごい!
便利で助かる!と言われたいものです。

おしゃれなベビー服

いくらあっても助かるベビー服なので、
贈る相手の好みを聞き、おしゃれでかわいいものを
選んでみましょう。

小さい赤ちゃんのものですが、大人並みに高額なものもあるので
せっかく贈るのであればおでかけ用に、
ちょっぴり高めのものを選びたくもなりますね。

珍しいスタイ

赤ちゃんに欠かせないスタイですが、
安価なものなら何百円で購入出来ますが、
ブランドの物になると結構高額になるものも多いです。

毎日使うものなので、何枚あっても助かりますが、
なかなか高価なものばかりを揃えることは出来ませんので、
出産祝いで送る際は、珍しいタイプ、柄だったり、
おしゃれなものだったり、機能性があって便利なものを選びましょう。

オムツ、オムツケーキ

一番欠かせないと言っても過言ではないオムツ。

最近は布オムツを使っている方は少ないですが、
紙オムツも毎日何度もオムツ替えをするので
たくさんあっても困りません。

おしゃれにオムツをデコレーションしてあるオムツケーキは、
とてもかわいいですし、実用性があるもので作られているものなので
もらって嬉しいものの一つです。

赤ちゃんの成長と共にサイズアップもするので、
ちょっと大きめのものをもらう方が助かる、という意見も多いです。

赤ちゃんを連れてのオムツの買い物は大変ですし、
実用性があるオムツは大変喜ばれます。

低温調理器ボニーク

出産後、今までの生活に赤ちゃんの世話がプラスされると
いくら時間があっても足りませんし、体も休まりません。

特に、料理に時間をかけることが出来なくなった、
と答えている方はとても多いので、
時短料理で乗り切りたいという考えを持つ方がほとんどです。

ボニークが1台あると、安い塊肉でも、パサパサになりやすい鶏胸肉も
とても柔らかく調理することが出来ます。

設定温度に密閉したものを入れて、設定時間中放置するだけ。

とても簡単に使うことが出来るのに、
お店で作られたような柔らかさ、美味しさを出すことが出来、
料理に時間をかけられない方、料理が苦手な方でも
ボニークのおかげで毎日美味しい料理を食べられます。

赤ちゃんの離乳食作りにも便利に使うことが出来、
成長の過程に合わせてずっと役に立ちます。

離乳食作りが大変だな、と感じている方でも
お肉だけではなく、野菜、スイーツ作りなど、
いろいろなメニューにボニークは使うことが出来ますので、
レパートリー豊富な楽しい食卓が実現出来ます。

出産祝いにおしゃれで便利なもの、珍しいものを贈りたいという方は
ボニーク」はおすすめです。

赤ちゃんだけに直接関係があるものではないですが、
赤ちゃんが大きくなっても、毎日の料理に使えますし、
持っている方もまだまだ少なく珍しいものですし、
スタイリッシュなデザインでおしゃれで、何より便利なものです。

しかし、ボニークは安くても10,000円台、
プロ仕様で30,000円程しますので、
出産祝いにはちょっと高いなぁと思った方は、
何人かでお金を出し合って贈るのも良いですね。

使える家電、お母さんに楽させることができる家電は
きっと重宝されるはずです!!

出産祝いを贈る際の金額の目安

出産祝いは、贈る相手によって金額も異なります。

友人へ贈る場合の目安は、
だいたい3,000円~10,000円程度です。

普段からよく会っている友人ならば10,000円、
ちょっと疎遠になっていて、たまに連絡を取る程度ならば
3,000円~5,000円程度が相場です。

金額は、自分たちの年齢にもよります。

まだ20代前半で働きだしたばかり、まだ学生…という場合は、
思うようにお金を出すことは出来ませんよね。

共通の友人何人かとお金を出し合って、
ちょっと高めの金額のものを贈る、という場合もよくあります。

職場関係の方も上司、同僚など、
自分から見た相手の立場によって金額が異なります。

先輩や上司などは、5,000円~10,000円程度、
同僚はもう少し安いのが相場です。

なかなか上司にはどんなものが欲しいのかリサーチするのは
簡単なことではありませんので、
職場の同僚らと相談してお金を出し合って購入し、
大きなものを贈る、という場合も少なくありません。

親戚に贈る場合は、前もって欲しいものを聞いておいて
希望にあったものを贈ることがわりと多いです。

金額も10,000円以上になることが多く、
自分が先に出産祝いをもらっていた場合は、
同等の金額にするのが暗黙の了解となっていることが多いですね。

出産祝いは現金?プレゼント?

出産祝いは、絶対現金の方が良いはず!
と決めつけている方もいますが、
一生懸命選んでくれたプレゼントも喜ばれます。

最近行き来がなかった方へのプレゼントなどは
何を選んだら良いのかわからなかったりすることもあるので
この場合は現金にするのが無難かもしれません。

しかし、これを機に連絡を取ってみて
どんなものが欲しいのかを聞いてみるのも
近況が聞けて良いものです。

プレゼントを贈るとしたら、
出来れば、相手が欲しいと思っているものを贈ると良いですね。