料理が苦手だから簡単に克服出来ないかな?
と思っている方は、男女問わずたくさんいますよね。

実は、料理が苦手なことを克服するのは、
思っているよりも簡単に出来てしまうんです!

どうすれば料理が苦手な状態を克服出来るのか?

これからお伝えする「2つの方法」で解決します。

料理が苦手な方が簡単に克服する方法【その1】

動画アプリを活用する!

料理本を見ながら料理を作る場合は、
作ろうとしているメニューのページを閉じないようにしたり、
途中でページをめくったり大変です。

しかし、動画やアプリだったらスマホやタブレットが一台あれば、
キッチンの好きなところに置いて動画を見ながら作ることが出来ます。

また動画は、『この部分ちょっとわからないな』という時など
戻ってまた見ることも簡単で、手順も一つ一つ一時停止しながら見ることができる。

自分のペースで作ることが出来るため
苦手な人でも手順が分かりやすい。

動画の中の人と一緒に料理をしている気分にもなれて
料理が得意で好きになるきっかけにもなります。

あいまいな表現も動画でチェックすればOK!

料理は、分量を量るのが面倒だし
その分量の表現があいまいで「どのくらいなの?」って思うことがやたらと多い。

その点、動画だと詳細を見ることが出来るので
今まで料理を適当にやっていた方も基本を学ぶことも出来て
分量間違いもなくなって、苦手意識からも解放されます。

細かいことだけど、分かりづらいといえば「材料の切り方」

動画なら何度でも確認することが出来るので
今まで経験のない切り方も目で見て確認できるので理解しやすいのです。

気に入ったアプリのレシピをスマホやタブレットに保存しておけば、
いつでも好きな時に見て料理を作ることも出来るので便利だし気軽に料理をスタートできます。

料理が苦手な人が簡単に克服するための方法【その2】

料理をしている時のいろいろな場面が面倒!と思っている方は多いです。

そういう時にはキッチン家電をうまく利用すると
面倒な料理の工程もクリアできるし時短になるし、食材を生かした料理が技いらずで上手くできます。

ということで、便利なキッチン家電をご紹介しておきます。

フードプロセッサー

料理の工程で面倒と感じていることの中で特に挙げられがちなのが、
材料を細かく刻むことです。

メニューによっては、野菜やお肉などの食材を細かく刻んで使う、
ということは良くありますよね?

例えば、ハンバーグや餃子などは、
基本食材がみじん切りです。

お肉は、たいていひき肉を買ってくると思いますが、
ハンバーグならば玉ねぎを、餃子ならばキャベツ、ニラなど、
みじん切りにします。

料理に慣れている方は、特に気にすることなくみじん切りをしますが、
料理が苦手と感じている方にとっては、
この上ない程の面倒な作業と感じてしまいます。

こんな時は、キッチン家電のフードプロセッサーの出番です!

適当な大きさに切った食材を入れて蓋をし、
スイッチオンし、何十秒もしくは数分ほど作動してもらえば、
面倒なみじん切りもあっという間に出来てしまいます!!

もちろん、お肉もひき肉にすることも出来ます。

ハンバーグならば、フードプロセッサーでみじん切りした野菜と
お肉を混ぜて形成して空気を抜いて焼くだけですし、
餃子は野菜とお肉などを混ぜて皮で包んで焼くだけです。

面倒なみじん切りを省くだけで、時短にもなりますし、
かなり手間がなくなりますので、
メニューを増やしてみようかな、もっと料理しようかな、
とさえ思うようになります。

電気圧力鍋

何時間もことこと煮込まなくてはいけない料理は面倒だな、
と思っている方にぴったりなキッチン家電もあります。

そんな時は、電気圧力鍋の出番です。

煮物、シチューなど、ちょっと時間がかかってしまう料理が特に苦手、
という方は、電気圧力鍋に材料と調味料を入れて時間をセットし、
スイッチオン。

他の家事などをしている間に、あっという間に食材は調理されて、
美味しい料理が出来ます。

もちろん、電気圧力鍋に調理してもらっている間に
他の料理も作ることが出来ますので、
本当に助かりますよね。

電気圧力鍋の力を借りれば、本来はとても時間がかかるものでも
時短になりますし、とても助かります。

低温調理器

なぜか自宅でお肉を焼くと固くなって美味しくない…

焼き加減が上手くいかず、思ったように出来ない…

火入れが難しいので、何度作ってもローストビーフは成功しない…

こんな悩みを抱えている料理が苦手な方必見のキッチン家電は、
低温調理器です。

最近、特に話題になっているアイテムです。

低温調理器は、低温調理したい食材を密閉袋に入れて
温度と時間を設定し、そのまま放置するだけで
理想の調理をしてくれる夢のようなキッチン家電なんです。

例えば、低温調理をした後に、フライパンでサッと焼き色を付ければ、
外側はしっかりと美味しそうな焼き色が付いているのに、
中はミディアムの理想のステーキ!といったように出来上がりますし、
同様にローストビーフも作ることが出来ます。

ステーキ屋さんで食べるような絶妙な焼き加減のステーキは、
低温調理器がないと実際作ることは難しいです。

フライパンではどうしても高温で焼いてしまうことになるので
お肉本来の美味しい焼き加減を出すのは無理なんです。

しかし、低温調理器は温度設定も広範囲で
細かく設定することも出来ますので、
料理はもちろんのこと、食事の後の美味しいスイーツなども
作ることが出来ますよ。

料理が苦手と思っている方は、お菓子やデザート作りも
苦手としている方が多いので、
低温調理器を取り入れることで料理を克服するのと一緒に
スイーツ作りが趣味にまでなるかもしれません!

料理が苦手だったとしても低温調理器で簡単に克服し、
使いこなせるようになったら、
毎日美味しい料理とスイーツで食生活を満喫出来ますね。

低温調理器は、レシピもたくさんありますので
毎日違うメニューを楽しむのにもピッタリなキッチン家電です。

⇒人気の低温調理器を詳しく知りたい方はコチラ!

苦手意識を克服する方法を取り入れると…

今までは料理本やレシピ集などを活用してて
持ち運ぶにも邪魔で、調理の仕方も分かりづらかったけど
動画やアプリだったら細かい作業まで確認できるから失敗がない!

料理が苦手だといざ料理をしてみようと意気込んで
レシピ集などを集めたとしても、
パラパラめくって読んでいるだけで
材料がどうだ分量がこうだ…というのだけで疲れてしまいます。

見ているだけで作った気分になってしまって、
実際に作らないで終わった…ということもよくありますよね。

すると、ますます料理に苦手意識を抱いてしまいます。

動画とアプリを活用することで
今まであやふやだった細かいところまで理解できるようになるので
料理が楽しくなってきます。

そして「美味しいね」って言ってもらえることで
幸せな持ちになってまた作ろう!喜んでもらいたい!って気持ちの方が勝って
キッチンに立つようになりますよ♪

やり始めるとコツがつかめるので、どんどんのめりこんでいきます。

作ることに必死になるので、意外とストレス解消の一つとしても紹介されているんですよ~。

料理が作れることで大切な人の胃袋をつかむこともできるし
食べるって幸せホルモンを出してくれるので、幸福度がアップします♪

料理が苦手!そのデメリットとは?

料理が苦手でも特に支障ないよ~と思っている方は少なくないです。

若い時はこれでもなんとかなります。

しかし、年齢を重ねていくうちに
周りからも「出来て当たり前」とみられることも多いことから
さすがに料理くらい出来ないとダメかな?
という気持ちになってくるものです。

では、料理が苦手だとどんなデメリットがあるのか?を情報として知っておきましょう。

食費がかかる

料理が苦手だと自ら作ろうとは思わないので、
三食全てコンビニやスーパーで購入することになったり、
外食などばかりになります。

一食数百円だから…と思っても、
それが毎日続いていると、かなりお金がかかります。

実際に、自炊と比べてみたら結構違うものです。

栄養が偏りがちになる

お惣菜やお弁当を購入して食べていると
自分の好物ばかり食べることが多くなるので
栄養が偏ってしまうことが多いです。

また、味が濃いものが多いので高血圧、高脂質に偏りがちです。

健康面でも心配になりますよね。

女性らしくないと言われることがある

古い考えかもしれないのですが、料理が苦手と言っている女性を
あまり良く思わない風潮がまだまだあります。

料理が苦手なだけで女性らしくないと言われたり、
男性の心を掴めない、とまで言われてしまいます。

考えてみると、料理が苦手な女性と結婚した場合、
最初はそんなの関係ないよ、と男性は思います。

しかし、毎日二人で囲む食卓がスーパーのお惣菜ばかり、
外食ばかりだとしたら、食費はかさみますし、
何だか味気ないものに感じてしまいますね。

もしも、それから子供が生まれて家族が増えたら、
離乳食も始まります。

離乳食も市販されているものはたくさんあるのですが、
赤ちゃんが食べる最初の食事はお母さんの手作りが良い、
そんな風に思う方がほとんどだと思います。

栄養面から考えても簡単なものでも料理して食べさせると
愛情の掛け方、子どもたちのおふくろの味も全く違うものになります。

料理が苦手なの…と言っている女性を
若い時は男性はかわいいと思ったりすることもあることでしょう。

しかし、結婚して一緒に暮らす、子供が生まれる、といった段階の上で食生活は重要なことなので、
料理が苦手と言って作ってもらえないという状態続くと結構大きな問題になってきてしまう可能性は高いです。

まとめ

最近は便利になって優秀なキッチン家電がたくさん出回っています。
そして進化し続けています。

また、動画やアプリも溢れている時代です。

料理が苦手、下手だと思っていた方も
料理上手になれる「武器」を持てるのだから頼ってみませんか?

簡単に克服していくことが出来ますよ!

便利なキッチン家電を探してみて、良いものと出合い、
料理が苦手な状態から簡単に克服していきましょう!

>>料理上手になるイチ押し家電はコレ!