低温調理 体に良い,チェックリスト

低温調理が体に良いと言われているのは、
食材の栄養素を調理などで奪われることなく、
良い状態で体にしっかり摂取出来るからです。

それは、どうしてなのか、
どのように体に良いのかなどについて
詳しく見ていきましょう。

低温調理が体に良い理由

どんなものがあるのか「4つ」に分類してまとめてみました。

調理温度が低い

通常の調理ではおよそ100℃くらいの温度です。

しかし、低温調理の場合はおよそ60℃からで、
高温と言っても100℃まで達しない温度です。

脂肪やたんぱく質が多い食材を加熱するとAGEs(終末糖化産物)というものが発生して、これが体内にたまると炎症を起こしてしまう。
体調不良や老化の原因にもなると言われているんです。

よって、100℃を超えるような「焼く」「揚げる」の調理法で脂肪やたんぱく質が多い食材を調理するとAGEs(終末糖化産物)が劇的に増えてしまうが、低温で調理することで回避できる。

「焦げたものを食べちゃダメよ」って言われる理由が分かりますよね。

つまり、低温で調理するということは体に優しいということがわかります。

AGEs(終末糖化産物)の発生を抑えられる

上で話したように、低温調理は60℃くらいで調理するので、
調理の際に100℃くらいの熱で加熱すると増加する、
AGEs(終末糖化産物)を抑制することが出来るんです!

AGEsは、熱でタンパク質と糖が結合したもので、体の中に吸収してしまうと酸化作用を起こし体に害を及ぼします。

低温調理では、そのAGEs(終末糖化産物)の発生を抑制することが出来ます

体内の炎症を抑制する

低温調理は、AGEs(終末糖化産物)を抑えてくれる調理方法なので、体を老化させてしまう炎症も引き起こすことが少なく、肌のシミやシワが進行する原因を避けると言えます。

小さな積み重ねですが、年齢を重ねていくにつれて周りの同世代との見た目の違いが出てくると考えられます。

また、血管ダメージも少なくて済むので健康的に過ごせるのも大きなメリットです。

HCAs(ヘテロサイクリックアミン)の発生を抑制する

お肉にはもともと発がん性物質であるHCAs(ヘテロサイクリックアミン)が含まれています。

食べているだけで癌になるリスクは高くなってしまうとされていますが、調理法を工夫することでリスクを低くすることができます

HCAs(ヘテロサイクリックアミン)は、高温で調理すればするほど増加してしまうので、より癌リスクがが高くなると言われています。

しかし低温調理ならばHCAsの発生が抑えられますので、その心配が軽減されます。

低温調理とは何か?

低温調理とは…密閉と湯煎での調理

食材をナイロン袋やジッパー付きの袋に入れて密閉して、
お湯の中に入れて湯煎加熱する調理方法のことを言います。

加熱温度は、決して高温ではなく、
およそ40~60℃くらいの低温なので、
低温調理と言われています。

赤マグロのコンフィ 低温調理

誕生当初はレストランで使用していた調理方法

低温調理 プロ,低温調理器 プロ,レストラン

低温調理は、およそ40年前に生まれた調理方法です。

しかし、現在こそ一般家庭でも用いるようになりましたが、
誕生当初はレストランで使われていた調理方法でした。

お肉をジューシーに焼くために考えられた末の方法です。

低温調理のメリット1

仕上がる温度を保つことが出来るので、お肉や魚を柔らかくすることが出来ます。

低温調理のメリット2

低温調理することで、食材の表面と中心の温度差が少なくなるのでお肉でも魚でもしっとりします。

パサつきやすい鶏むね肉でもしっとりジューシーに調理されるので、初めて食べた時は感激しました。

低温調理のメリット3

安いお肉の塊でも低温調理することで繊維が柔らかくなり、肉汁・旨味も中に封じ込められて、自宅でも簡単に美味しいステーキになります。

外食が減って節約にもなるし、自分で作ると無添加なので美味しく健康的な食事を楽しむことができます。

低温調理法で身体が変わる理由

3つの理由があります。

①老化物質抑制で老化が緩やかに

高温でお肉を加熱するとAGEsが発生し、酸化作用により体に炎症が起きて老化を早めてしまいますが、低温調理をすることで老化物質の増加を防げますので老化が早まる可能性を避けられます。

②発がん性物質抑制で癌になるリスクが下がる

同様に高温で加熱したお肉を摂取することでHCAsとAGEsなどの発がん性物質を抑えることが出来るので、癌になるリスクを下げる可能性があります。

③魚の栄養もしっかり摂れる

通常の焼き方をしていると、魚の大事な栄養素オメガ3が加熱によって流れ出てしまっているのですが、低温調理ではジッパー付きの袋に入れて真空状態にするので栄養素が流れ出るのを防ぐことが出来ます。

魚の栄養素は、血をサラサラにする効果があると言われているため意識して摂取した方が良いのですが、せっかく魚を食べたとしても、通常の焼き方や調理によっては魚本来の栄養素を効率よく摂取出来ていない可能性があります。

魚の栄養素をきっちり摂取するには、低温調理法を用いると良いということで注目されています。

以上3点のから、低温調理で作った料理を食べることで体内を錆びにくい環境に保つことができます。
よって、シミやシワなどの悩みは同年代よりも遅くなる可能性を秘めており、血管も健康的に保てる要素があるので、若々しく元気で健康な身体作りを内側からサポートしてくれます。

低温調理は『誰でも美味しい』が作れる

その理由について誰でも嬉しくなっちゃうポイントを3つあげました。

1.低温調理は手間なし簡単!

低温調理は、低温調理器と食材、密閉袋、お湯があればすぐに調理開始できます。

また、低温調理器を使えば食材やレシピに合わせて温度や時間をセットするとタイマーが切れた時には調理が完了していています。

レシピによっては仕上げが必要にはなりますが、
セットして放置しているだけで調理してくれるので手間入らずなんです。

放置している間(低温調理器が頑張ってくれている間)は、他の料理を用意したり、他の家事をしたり…と時間を有効に使えるのもメリットです。

2.ほったらかしズボラレシピなのに美味しい!

調理中、付きっきりでフライパンを動かしたり焼き加減を見ていたり…という必要がないので楽です。

また、温度や時間を説明書通りにセットすれば失敗することもなく誰でも美味しい料理を作れる点も楽で助かります。

低温調理の豊富なレシピ

低温調理器具「BONIQ(ボニーク)」の公式ページには豊富なレシピと何度で低温調理すると〇〇の食材が美味しくなるのか?など研究結果もあるので重宝します。
お好み、食材に合ったレシピが必ず見つかるので確認してみて下さい。
⇒BONIQ(ボニーク)公式レシピはコチラから

3.安いお肉も低温調理でお店で食べるステーキへ

ステーキってお店じゃないと出せない絶妙な焼き加減とか、中までの火入れとかありますよね。
あの技って家庭で再現しようとしても、失敗する可能性大です。

と思っていたのですが、低温調理で下ごしらえすると、手間なく簡単にお店の焼き加減が再現出来てしまいます。

高いお肉を使わなくても、安い塊肉、赤身、外国産牛でも『本当にあのお肉??』と驚くほど筋が気にならないほど柔らかくなり、みんなに食べさせてあげたくなっちゃうから不思議。
下ごしらえのひと手間でステーキの火入れが完璧になるって体験するまでは信じられなかった。

低温調理は体に良い(やさしい)まとめ

主にお肉と魚を中心に低温調理を使うメリットについてお話してきましたが、調理法を変えるだけで身体の内側から健康美をサポートしてくれる。
錆びないからだ作りに最適な調理法だと実感します。

食事は毎日するものだから、できる限り栄養を逃さず美味しく頂きたいものです。

多くのキッチン家電の中でも食材や栄養を考える人にとっては優秀なアイテムだと感じてます。

⇒SNSで人気のスタイリッシュな低温調理器を見てみる♪