低温調理 カツ

外側の衣はサクッと
柔らかいお肉からジュワっと肉汁が出て
口の中に広がるから「とんかつ」を食べたくなる。

自宅でも外食と同じレベルの厚切りとんかつを食べたい!と思って作ると…意外と火入れが難しい。

中まで火が通っているのか?心配になるし
どこまで揚げればいいんだろう?
表面のどんな状態が正解なの?

火が通っているか怖くて揚げすぎてパサパサになった…
お店で食べるものと違う!ってなります。

とんかつは火入れ」が命と言われるほど難しい。

しかし安心してください。

今回は厚切りとんかつを自宅で作れる、失敗しない方法を紹介します。

失敗しない厚切りとんかつの秘密は”ひと手間”

そのひと手間とは巷で言われている

「お肉は常温に戻して、衣をつけたら油は熱してない状態から揚げるのがコツ!」

なんてレシピに書いてあるの見たことありますよね。
でも、同じようにやってもイマイチ上手くいかないのです。

お肉を常温に戻しておくのは、前準備のひと手間とも言えますが
もっと確実に美味しく出来る失敗なしの前準備があるんです。

その失敗しない”ひと手間”とは

「低温調理器」を使うことです。

前もってお肉を温調理器で下ごしらえしてレアな状態にしたお肉に衣をつけて油で揚げるだけ。

これなら、中に火が通っているので
高温でサッと揚げるだけでOK。

火入れに時間をかける必要がないので
油が食材にどんどん入って行かないし
あっさりした胃もたれなしのとんかつが完成します。

また、揚げすぎて衣を焦がす心配もありません。

最近は自宅で調理する人たちが増えて
その人たちの間で人気の「低温調理器」

厚切りとんかつ作りにも大活躍するんです。

では、どのように前準備段階で低温調理して
その後、油で揚げていくのか?

詳しいレシピを公開します!

揚げ2分!しっとりロースカツのレシピ

とんかつ 低温調理 材料

<材料3人分>
・豚ロース 450g
・塩こしょう 適量

<衣>
・卵 2個
・水 60㏄~80㏄
・小麦粉 45g~55g
・パン粉 150g~200g(多めに用意した方がつけやすい)
・揚げ油 適量

<作り方>
1.豚ロースの下ごしらえします。
豚ロースは調理30分前に冷蔵庫から出しておきます。
(※このほうが中心まで均一に火が入ります)

2.豚ロースを半分にカットし、繊維を断ち切るように斜めに数か所包丁を入れる

3.肉叩き、または包丁の背で肉を叩き厚みを均等にする

4.豚ロースに塩こしょうをする

5.フリーザーバッグに入れてオリーブオイルを注いて、真空密閉する。

6.低温調理器が設定温度になったら湯せんに入れ、低温調理開始!

とんかつ 低温調理

7.設定時間終了のタイマーが鳴ったら、豚ロースを取り出してペーパーで軽く水けを抑える

とんかつ 低温調理 下ごしらえ

8.揚げ油を180℃まで温める

9.お肉に卵液→パン粉へ。
(※手で軽く押さえながら両面しっかり衣をつける)

10.180℃に上がった油に1枚ずつ入れて揚げて完成!

とんかつ揚げる
【ポイント】

パン粉は2度つけした方が衣がサクサクのカツに仕上がる
卵液にすることで小麦粉→卵の工程が1つ減る。洗い物も減ります
・卵と小麦粉を水で合わせた生地の方がパン粉もしっかり付きます
・低温調理器の設定は63℃で1時間
・低温調理中は放置でOK

これなら、中に火が通ってないとか、揚げすぎてパサパサになった!なんて心配もありません。

誰でも失敗しないでとんかつを美味しく自宅でできるレシピをご紹介しました!
参考にしてもらえたら嬉しいです。

低温調理を使うメリット

低温調理器で下処理が出来ていれば、後は高温で2分揚げるだけなので揚げ時間も短くて済む。
揚げ時間が短いので、とんかつなのに脂っこくなくて食べた後に重たい感じがしない。
ロースカツのお肉の旨味が凝縮され、パサパサ感がなくしっとり仕上がる。

今回使った低温調理器「BONIQ」

⇒アマゾンで見てみる
⇒楽天市場で見てみる

インスタでもシェアされていました

こんな分厚いとんかつも美味しく作れちゃうのは、前準備で低温調理していたからできることなんです♪

この投稿をInstagramで見る

BONIQ(@boniq.jp)がシェアした投稿

豚肉の栄養について

豚肉にはビタミンB1やB6などビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群には脂質やタンパク質の代謝を促進させる働きもあり
とんかつで糖質や脂質をとってもビタミンB群によって
スムーズにエネルギーへと変換されるのです。

油で揚げるからとんかつは…ダイエットの時には避けている。

「でもどうしても食べたい!」という場合は、
厚切り肉を選ぶと脂肪を蓄えずにすみます

厚切り肉を選ぶと、中まで火を通すのに時間がかかり油を衣が沢山吸収しちゃいそうですが、だからこその低温調理

低温調理器を使って、揚げ時間を短縮することで
油の吸収率を下げ、あっさりしたとんかつを
自宅で失敗なしで作ることができます。

ダイエットの為に食べたいものを食べられないなんて…
損してますよね。

調理方法次第で油は抑えられる!

今回のレシピは低温調理器「BONIQ(ボニーク)」

今回の「揚げ2分!しっとりロースカツ」のレシピは、
インスタなどのSNSで使っている人を良く見かける低温調理器「BONIQ(ボニーク)」から。

公式レシピがたくさん載っているので
とんかつだけじゃない使い方もたくさんあります。

今持っているキッチン家電ではレシピに限界があったかと思いますが、
低温調理器「BONIQ(ボニーク)」が一つ加わることで、レストラン級の味になるしレシピが増える。

何より、低温調理中は放置でOKなので
その間に下ごしらえしたり、他の事もやってもOK!

  • 下ごしらえの時短
  • 調理時間の時短

になるので注目のキッチン家電です。

安いお肉も低温調理することで旨みが外に逃げず凝縮され、
同時に栄養も外に流れ出ない。

一度使うと病みつきになるキッチン家電です。

今回使った低温調理器「BONIQ」

⇒アマゾンで見てみる
⇒楽天市場で見てみる

料理する時間がない時の対処法

料理を作るのは好きだけど、どうしても時間が取れない時もあります。

コンビニ食・スーパーのお弁当やお惣菜・ファストフード…

最近はウーバーイーツで色々頼めるから、食べるのに困ることはありませんが。

健康的な食事ができるか?というと疑問ですよね。

それに脂質、糖分、塩分高めでカロリー高め、
味も濃くて食べすぎてしまう。

料理する時間がなくても体のことを考えた食生活をと考えてるなら「ヘルシー宅配食」というものがあります。

\糖質30g以下、塩分2.5g以下のヘルシー宅配食/
レンチンの簡単調理のnosh
↓↓↓


⇒詳しいメニューはコチラ!

1食分の全メニューは

  • 糖質30g以下
  • 塩分2.5g以下

で構成で、カロリーコントロールされてタンパク質高め。

管理栄養士と一流シェフが開発したメニューだから
栄養バランスいいだけじゃなく、こだわりの味で美味しい。

自宅に届くから買い出しの必要もなく
レンジで指定通りの時間温めるだけでOK!

こんなヘルシー食を1食分599円(税込)で届けてもらえる。

そのヘルシー宅配食とは『nosh(ナッシュ)

コンビニ食やお弁当を食べなくなる人続出なのです。

\販売数2000万食突破!で初回300円OFF/
⇒毎週2品新メニューが登場する「nosh(ナッシュ)」はコチラ!