ボニークで野菜を低温調理

低温調理と言えば、お肉と連想しがちですがお魚だってOK!魚介も美味しく調理できるのが低温調理器の素晴らしいところ。

そして、実は「野菜」も低温調理で美味しくできるという情報をキャッチしました。

低温調理することで野菜の栄養を逃がさず旨味をグンと上げることができるので、調理方法のコツをお伝えしますね。

低温調理で野菜を美味しくするコツ

噂の出どころはBONIQ(ボニーク)の公式レシピ。
低温調理をすることで、野菜の栄養を逃がさず旨味を閉じ込めることができるのです。

野菜好きな私としては嬉しい野菜旨味引き出すレシピの数々が、BONIQ(ボニーク)の公式レシピで公開されています。

ボニークを野菜に使った時、たった一つの問題点

ボニークを使って野菜を低温調理していると、野菜を入れたフリーザーバッグ が浮いてくる時があるという問題があります。

この場合の解決方法として、
クリップで留めるという人もいるが、それよりも「かす揚げ」を使うと良い。

▼かす揚げ

かす揚げで、 野菜を入れたフリーザーバッグ を押さえて固定しておくと低温調理中は浮いてきません。

これなら自宅であるもので問題解決できます。

BONIQ(ボニーク)で野菜を低温調理すると甘みがアップする!

野菜の扱いって簡単そうで難しい。
旨みを引き出すのは素材に頼っていましたが、低温調理なら野菜の食感を残しつつ野菜の甘みを格段にアップすることが出来るんです。

野菜嫌いのお子さんもこれなら食べてくれる可能性が広がります。

しかも、低温調理だから栄養を逃さないから、野菜の量は同じでも接種できる栄養の量が各段にアップします。

ということで、をBONIQ(ボニーク)使って野菜の低温調理にハマっている人たちに多く作くられている人気レシピ「TOP3」を紹介します。

にんにくのコンフィ【第1位】

ニンニクのコンフィ

<材料 250mlの瓶1本>
・むきにんにく 100g
・グレープシードオイル 130ml
(アマニ油やエゴマ油でもOK)

<BONIQ(ボニーク)設定>
・82℃
・3時間

<調理方法>
1.にんにくの皮をむいておく
2.グレープシードオイルとにんにくを瓶に入れる。
3.瓶のふたをキッチリ閉め、設定温度に達したらボニークの湯煎に入れ低温調理開始する
4.設定時間終了のタイマーが鳴ったら取り出し瓶ごと冷水で冷やして完成!

※冷蔵庫で約3ヶ月ほど保存が可能
※オリーブオイルでも可能ですが、冷蔵庫での保存、冬の窓際でも固まらないグレープシードオイルを使用しました。

じゃがいもか?というくらいホクホクに仕上がり、香りもしっかり引き出しています。
にんにくのコンフィを作っておけば、パスタやバーニャカウダのソースなどにアレンジできて万能で活躍してくれます。

★使った低温調理器⇒BONIQ(ボニーク)

トマトの低温調理【第2位】

トマトの低温調理

<材料>
・トマト 1個(約100g)

<BONIQ(ボニーク)設定>
・50℃(他、60℃、70℃、80℃での実験結果あり)
・30分

<調理方法>
1.トマトをキレイに洗う
2.ヘタを取って皮つきの状態でフリーザーバッグに入れ真空密封する
3.設定温度に達したらボニークの湯煎に入れ低温調理開始する
4.設定時間終了のタイマーが鳴ったら取り出して盛り付けて完成

①ボニーク設定 50℃の場合
生のトマトに近いけど、甘みが増してジューシー。
フリーザーバッグごと急冷してそのまま食べてもGoodだと思う。

②ボニーク設定 60℃の場合
甘みがかなり増して柔らかくなる。まるでフルーツトマトのような感じ
コンソメや出汁で煮た冷製料理に合うと思われる。

③ボニーク設定 70℃の場合
60℃と比べると食感が柔らかく、甘みと酸味が穏やかに感じられる

④ボニーク設定 80℃の場合
煮崩れしてきて、酸味が飛んでいる。
あらかじめ、皮を湯むきして種を取って調味料とハーブを加えてトマトソースを作ると良いかも!

まるごと玉ねぎのスープ【第3位】

玉ねぎのまるごとスープ

<材料 2人前>
・玉ねぎ 小さ目2個
・塩コショウ 少々
・パセリ お好みで

【A】
・水 250㏄
・固形ブイヨン 1/2個
・ローリエ 1枚

<BONIQ(ボニーク)設定>
・90℃
・1時間20分

<調理方法>
1.鍋に【A】を入れ火にかける
2.十分に沸騰させ固形ブイヨンを溶かし、調整で塩コショウする
3.玉ねぎは皮をむいて頭とお尻を落とし、頭に浅く十字を入れる
4.粗熱を取った②と③の玉ねぎをフリーザーバッグに入れ真空密封する
5.90℃の設定温度に達したらボニークの湯煎に入れ低温調理開始する
6.設定時間終了のタイマーが鳴ったら取り出して汁ごと器によそう。
7.好みでパセリを添えて完成

※ローリエは半分に折って入れた方が香りが出ます

低温調理すると野菜も旨い!のまとめ

低温調理することで

・野菜の旨みや甘みを引き出すことが出来る点
・低温調理の温度によって味が変わる
・食材の使い方も幅が広がる

焼く、煮る、蒸す…という調理方法に「低温調理」を取入れることで、料理メニューにも幅が出てきます。

また、低温調理の最大のメリットは、”食材の旨みを最大限に引き出す”ところ。
そして、食材・メニューによっては放置しておけば完成する点。

色んな道具を使って味付けをし直したり、火の加減を細かくチェックする必要もありません。

調味料と食材をフリーザーバッグへ入れて

設定温度にして放置しておけば

自然と料理が完成する。

しかもその仕上がりがレストラン級の味になるという。

野菜を低温調理する?
温野菜ではなくて?

と不思議に思ったかもしれませんが、
野菜だって温野菜やサラダだけじゃない。
調理次第でいろんな顏があり、いろんなアレンジが出来ます。

低温調理だと「野菜の旨みと栄養素」が逃げないで凝縮されるという点も含めて、低温調理器具は「神」だなと実感。

今回ご紹介したのは全て「BONIQ(ボニーク)」の公式レシピの中のものです。

BONIQ(ボニーク)は低温調理をより身近にしてくれ、日本製でありアフターサービスや保証もしっかりしているということもあって、低温調理器の中でも人気の商品です。
シンプルで使いやすいと、インスタやツイッターなどのSNSで拡散されているので目にしたことがあるかもしれませんね!

低温調理器「BONIQ(ボニーク)」について詳しく書いているので、興味があれば一読してください。

>>低温調理器「BONIQ(ボニーク)」の詳細はコチラから>>