鶏むね肉 低温調理

「低温調理器 ボニーク」はその名の通り、低温調理をする家電製品です。

パサパサしがちな鶏むね肉もしっとり柔らかく仕上げてくれる新しい家電

その秘密は、生の状態から一気に表面を焼かず
低温調理することで食材には均等に火が入ることで
食材の旨みと栄養を閉じ込めておくことができるから。

結果、低温調理した食材は柔らかく、ジューシーに仕上がるのです。

パサパサになる鶏むね肉だって”しっとり柔らかく”
コンビニで買うよりも安くて美味しいサラダチキンも簡単に何度でも同じクオリティに作れる優れものなのです。

とりむね肉を一番美味しくするボニークの低温調理時間

低温調理が素材の旨味を引き出す調理器具だけど、低温調理の時間や設定温度が違えばその旨味も変わってきてしまう。

基準だけ知っておいて、あとは好みで変えていくと好みの鶏むね肉を完璧に調理できるようになります。

  • ボニークの設定温度:60℃
  • 低温調理時間:1時間30分

あくまでも基準なのですが、
ボニークの公式レシピで多い設定温度は「62℃~60℃」
低温調理時間は「1時間30分前後」

安い鶏むね肉が低温調理ひと手間で
しっとりジューシーで無添加のサラダチキンへと変わるのです。

★今回使った評判の低温調理器
⇒「BONIQ(ボニーク)」の詳細はコチラ

低温調理器 ボニークを使って激ウマ鶏胸肉レシピ

では、鶏むね肉を使った低温調理レシピを見ていきましょう!

四川風サラダチキン

四川風サラダチキン材料

鶏むねの皮と余分な脂を取り除きます。
両面に塩をふって
フリーザーバッグに入れ低温調理開始!
作ったタレをかけるだけ♪

四川風サラダチキン
・BONIQ設定→61℃で1時間

鶏むね肉がふっくらして
四川風の垂れがピリリときいてるので
プレーンなサラダチキンに飽きた時は重宝します♪

この投稿をInstagramで見る

BONIQ(@boniq.jp)がシェアした投稿

鶏むね肉を使った「よだれ鶏」

鶏むね肉 よだれ鶏 材料
鶏むね肉 よだれ鶏 低温調理

鶏むね肉の黄色い余分な脂を取り除きます。
両面に塩こしょうします。
フリーザーバッグに鶏むね肉、ごま油、しょうがの皮、白ねぎの青い部分を入れる。
空気を抜いて密封する。
調味料と鶏胸肉の入ったフリーザーバッグを低温調理。
作ったタレをかけるだけ!

鶏むね肉 よだれ鶏
・BONIQ設定→60℃で1時間

ボニークを使うことで、鶏むね肉がふっくら柔らかになるのでお店の味に近づきます!

この投稿をInstagramで見る

BONIQ(@boniq.jp)がシェアした投稿

最強サラダチキン(鶏むね肉)

最強サラダチキン 低温調理 材料

鶏むねの皮を剥ぎ、余分な脂身を取り除きます。
両面に塩をふります。
ハーブやスモークリキッド・オリーブオイルと鶏むね肉をフリーザーバッグに入れ味をなじませる。

最強サラダチキン 低温調理 高タンパク質

1日冷蔵庫で寝かせ、味をよりなじませる。
空気を抜いて密封して低温調理。

最強サラダチキン
・BONIQ設定→61℃で1時間

高タンパク質な食生活をしている人も
コンビニのサラダチキンを愛用している人も
低温調理を取り入れると、自宅で簡単に最強のサラダチキンができるし、アレンジも可能!
しかも、無添加!安上がり!

BONIQの低温調理レシピは一部だけど…

上記はレシピの一部ですが、
調理方法が1行で終わるくらい簡単。

特別な手間をかけることがなく、
低温調理したお肉に手作りしたタレをかけたり、
揚げたり…手を加えるだけで完成です。

日頃の調理の中でカンタンそうに見えて、
実は最も難しいのがお肉への火入れです。

この火加減が変わると
パサパサになって旨みが全くない状態になってしまいます

「旨みのない」「パサパサ」ということは
肉汁と一緒にタンパク質などの栄養素も外に出て行っているということです。

調理方法一つで変わるんですから
非情に勿体ないですよね!

低温調理は、旨味と栄養素を逃がさず
素材のおいしさを最大限に引き出してくれる調理方法なのです。

★今回使った評判の低温調理器
⇒低温調理器「BONIQ(ボニーク)」はコチラ

低温調理のメリットは鶏胸肉が一番わかりやすい!

低温調理、オーブンで調理、フライパンで調理

この3つを比較するなら鶏胸肉を使うのが一番わかりやすいのです。

お肉のジューシーさが残る、タンパク質が縮まない温度で加熱が出来る順番を書くと

1.低温調理

2.オーブン調理

3.フライパン調理

フライパンは一気に外側を焼いていく割に、中まで火が通るのに時間がかかってしまう。
結果、旨み(お肉のジューシーさ)が外に逃げていくのです。

このことを分かっていると、
食感、味、栄養分、ジューシーさ、柔らかさの違いがなぜ出るのか?

理解できるのです。

低温調理が愛されるのは、全てバランスよく栄養分を閉じ込めつつ中までじっくり調理できるから。

その後のアレンジがしやすくて、
劇的にお肉を含め食材が美味しく仕上がるのです。

鶏胸肉を低温調理する時、塩のタイミングは?

シンプルな調理をして味付けというのが鶏胸肉の定番なので
塩のタイミングはどこが一番優秀なのか?
知っておくとアレンジがしやすい。

① 塩で下味をつけボニークで低温調理
→塩味が均一。しっとりしてるが、やや繊維質に感じる。

② ブライニング後にボニークで低温調理
→ややブライン液の甘みを感じる。しっとりジューシー。

(※ブライニングとは調理前の肉を塩水に浸けておくこと
 
③ ボニーク後、食べる直前に塩をふる
→色白に仕上がる。塩味にややムラがある、かなりジューシー。

④ ボニーク後にバッグに塩を加えて味を含ませる
→塩味が均一。きめ細かい仕上がり。最も柔らかくジューシー。


通常は、下味をつけブライニング後にボニークで低温調理する。

というのが定番だった。

しかし④の下味をつけずに、そのままの素材をボニークで調理する方が格段に柔らかくジューシーになる。

ちょっと驚いた検証結果になっていました。

柔らかさ、ジューシーさ共に

④>③>②>①

という結果になったという事になりますね!

上記の検証は、60℃で1時間の設定ですが
これを63℃1時間にすると明らかに違いが出ます。

サラダチキンを作る際に実験してみると面白いです。

60℃1時間だと、ほぼ差がないので不味く仕上がることはありませんので心配いりません。

鶏胸肉を低温調理する時、油は必要か?

鶏胸肉を調理する時に下味をつけることはしますが、油ってどうなんでしょう?

油にも種類がありますが、サラダ油とごま油でボニークさんが検証してくれているのでその結果をお知らせしておきます。

まず、検証の内容は3つのセクションに分かれます。

①鶏胸肉のみ
②鶏胸肉×サラダ油
③鶏胸肉×ごま油

油が入ることで食材の保水効果があるとすれば
サラダ油かごま油を入れた方が鶏胸肉だけよりも
火の通りが均一になってしっとり仕上がるという仮説がたちます。

なのに、実際に調理してみると3つにさほど差がなかったのです。

むしろ、何もしない①鶏胸肉のみボニークで低温調理した方が、若干しっとりしていた感じがするという検証結果になりました。

以上の結果から、「鶏胸肉を低温調理する時、フリーザーバッグに油を一緒にいれなくても良いのでは?」ということになります。

ただ、スパイスやハーブなどの香りが油に溶ける脂溶性のものが多くあるので、食材にその香りをつけたい場合は油を一緒に入れて低温調理するのは有効ですね。

結果を参考にしたうえで、色々試して調理を愉しんでほしいです。

\どんな安い素材もジューシーになる/

まとめ

鶏胸肉と言えば、ダイエットしてる人、筋力アップを目指している人とは切っても切れないもの。

  • できれば美味しく食べたい!
  • 毎日同じじゃ飽きる!

ってなってきますよね。

コンビニのサラダチキンも飽きてきたころだし…

だったら自宅で作っちゃいましょう♪ってことで「低温調理器 BONIC(ボニーク)」が注目されているんです。

安い鶏肉を美味しく調理したい。
鶏胸肉のレパートリーを増やしたい人も
「低温調理器 BONIC(ボニーク)」をチェックしてみて。

ちなみに、低温調理器具で公式レシピが豊富で使えるものばかりを更新してくれているのは「BONIC(ボニーク)」だけです。