ボニークとボニークプロの違い

仕様や価格の違いを見ていくと
どちらが自分に合っているかよくわかります。

私は個人的に「ボニークプロ(BONIQ Pro)」の方が気に入ってます。

それは、使い勝手の良さと防水仕様が決め手となりました。

個人的な見解も含めて、より詳しくボニーク(BONIQ)とボニークプロ(BONIQ Pro)の違いをお伝えしていきます。

ボニーク(BONIQ)とボニークプロ(BONIQ Pro)の違い

BONIQがスタイリッシュなプロ仕様になったのが、
BONIQ Proです。

▼一目でわかるように表にしてみました♪
ボニークとボニークプロ比較表

⇒低温調理器BONIQ(ボニーク)公式サイトはコチラ!


違いの説明も入れてみました♪
↓↓↓

➀ハイパワーになった

BONIQは800Wでしたが、BONIQ Proは1200Wになり、
150%パワーアップしました。

加熱速度と容量が増え、設定温度到達までの時間も
40%短縮出来るようになりました。

以前は、5~15リットルまでの鍋まで対応でしたが、
20リットルまでの対応となりました。

②小型化された

およそ36%サイズダウンし、手軽に持ち運べるサイズになりました。

③高剛性になった

BONIQは、ステンレスカバーと樹脂製の外装でしたが、
フルアルミボディになり、ルックスが良くなり、
インテリアにもよくなじむようになりました。

④装着性(脱着式クリップホルダー)になった

ボトムキャップにマグネットが装着され、
磁石が付く素材であればホルダー不要で自立し、
取り扱いがさらに楽になりました。

⑤Wifi連携(オリジナルアプリ)になった

2.4GH2のWifi接続により、加熱進行を止めたり、
外出先から水温だけ上げることが出来るので、
帰宅したらすぐに調理を始められることも出来ます。

⑥防水仕様(IPX7)になった

BONIQには、防水性がなかったため取り扱いが難しい、
ということもありましたが、BONIQ Proは丸洗いすることが
出来るようになりました。

油で汚れたとしても、洗剤で洗うことも出来るので
いつでも清潔な状態をキープすることが出来ます。

⑦1年保証

BONIQにも1年保証が付いてはいましたが、
飲食店での使用は保証外でした。

しかし、BONIQ Proになってからは、
一般の方も飲食店の方も同様に1年保証を
受けられるようになりました。

「BONIQ」と「BONIQ Pro」の値段の違い

BONIQは19,800円。
BONIQ Proは29,800円です。

1万円も違うので、安い方が良いかなと思ってしまう方も
中にはいるかもしれませんが、
BONIQ Proになってから、いろいろ改良されているので、
このくらいの差額は仕方ないですね。

調理家電としては高めなので…と躊躇する方もいますが、
毎日の料理に活躍すること間違いないので
買って良かったという方が多いです。

低温調理器BONIQ(ボニーク)の特徴

低温調理器BONIQ(ボニーク)は、
自宅にいながら簡単に優雅なお食事を作ることが出来、
愛用者の方もどんどん増えています。

BONIQの特徴は次に挙げられるものです。

➀省スペースで邪魔にならない

家電は、欲しいけども場所を取るからという理由で
購入をためらうこともありますが、
BONIQはキッチンツールスタンドに置くことが出来るので、
邪魔にもなりませんし、すっきり収納出来ます。

②デザインがすっきり

日本人は曲線が好きですが、それをうまく使ったすっきりとした
デザインとなっています。

使用している時はもちろんのこと、使用していない時も
キッチンの統一感を生み出すことが出来ます。

上部の表面は、質感をアップさせるために高級感がある
ラバーコーティングを施しているため、
触り心地も良くなっています。

③簡単操作で家電音痴でも使える

『温度』『時間』『スタート』の3つのボタンしかないため、
簡単に使用出来ます。

ディスプレイも大きいので、文字も見やすくなっています。

④圧倒的なレシピ数がある

低温レシピサイトも日々更新されています。

お肉だけではなく、スイーツなども作ることが出来、
300レシピ以上もあります。

⑤日本初の専門ブランド

BONIQは、2017年4月にまだ日本では存在していなかった
低温調理器ブランドとして、クラウドファンディングから
始まりました。

⑥低温加熱で美味しい

低温加熱で食材のうまみをギュッと閉じ込めることが出来、
肉汁流出を最小限に止め、お肉を固くしてしまったり、
パサパサにすることがありません。

安価な赤身のお肉やパサパサになりやすい鶏の胸肉も
柔らかくジューシーなお料理にします。

⑦放ったらかし調理が出来る

ずっと付きっきりで料理しないといけないわけではないので、
忙しい時でも楽チンです。

ボニークプロ・ボニークのデメリット

ボニークプロ

ボニークプロは、とても使いやすいアイテムですが、
デメリットもあります。

➀値段が高価

29,800円は決してお安い価格ではないと言えます。

しかし、消耗品ではありませんし、
BONIQよりも改良されて使いやすくなっており、
毎日のお料理に使うことが出来ますので、
十分に価格以上の働きを期待することが出来ます。

②低温調理では殺菌が出来ない

高温調理では、お肉などを殺菌することも出来ますが、
低温調理では出来ません。

低温調理をする際には、下記のように、
注意しなくてはいけない点があります。

  • 清潔な手で調理を行い、包丁、まな板なども清潔なものを使う
  • 食材は新鮮なものを使う
  • 食材を汚染させないようにする
  • お肉を使う場合は、低温調理加熱時間基準表を参考にしてBONIQの設定温度と時間を守るようにする
  • 加熱する際は正しい方法で行うようにする
  • 調理したものを保存する際は、急冷する

これらに気を付けて使用することで、
低温調理でも安心して食べることが出来ます。

③調理に時間がかかってしまう

お肉の塊などを調理する際は、
1~2時間くらいかかってしまいます。

急いでご飯を作って食べよう!という時には
むいていません。

今日は昼間から晩御飯の用意をじっくり時間をかけてしよう、
明日の下ごしらえをしよう、という場合は、
BONIQ Proはぴったりです。

ボニークプロ・ボニークのメリット

ボニークプロを使うと、どんなメリットがあるのでしょう?

  • 赤身肉や鶏胸肉が固くなったり、パサパサにならない
  • 簡単な使い方なので、セットするとそのまま放置で出来上がり
  • フリーザーバッグに入れて鍋に入れるだけなので片付けも簡単
  • 一度にたくさん調理し、冷凍保存も出来るので便利
  • 公式サイトではレシピが日々更新されているので便利&楽しい


この他にも、購入した方しかわからないメリットがたくさんあります♪
ボニークもメリットは同じです^^

ボニークとボニークプロはどっちがいい?

ボニークとボニークプロの違い

結論、どっちがいいのか?というと
どちらもかなり優秀な低温調理器だということは確かです。

高度なテクニックも要らないし
安いお肉でも高級肉?と思えるように調理できる。

どちらでも良いのでは?とも思う。

ただ、個人的な意見を申し上げると
プロでも使っている「ボニークプロ」の方が
買って後悔しないと思う。

どちらか迷った時は、例え価格が高くても機能的に高いものを選んでおいた方が後悔しないという経験済みだからです。

2つを比較して、あえて「プロ」のどこが良いのか?というと

使い勝手の良さと防水仕様が決め手となります。

判断材料のトドメは、メーカー様のお話では「ボニークプロ」の方が倍以上売れているということでした。

ボニークとボニークプロの違いまとめ

  • ハイパワー(800W→1200Wへアップ)
  • 小型化(約36%サイズダウン)
  • 防水仕様(IPX7)
  • 高剛性(フルアルミボディ)
  • 装着性(脱着式クリップホルダー)
  • アプリ連動(遠隔操作)

ボニークとボニークプロ比較表

そして、個人的には「ボニークプロ」のスマートなデザインの方が好みです♪

⇒低温調理器BONIQ&BONIQPro公式サイトはコチラ!