低温調理 ヨーグルトメーカー

低温調理を手軽に試してみたい方にはヨーグルトメーカーを使うという手もあります。

ヨーグルトメーカーとは、
発酵食品を作るための温度調整をするので低温調理も出来るのです。

ヨーグルトに限らず、甘酒や納豆を作ることもできる優れもの。
加えて、低温調理もできるならこれ1台あるだけでめっちゃ便利ですよね♪

低温調理の場合の難点は、一気に多くの量が出来ないことです。

  • ヨーグルトメーカーでどんな低温調理ができるのか?
  • レシピ掲載

2つを順番に情報シェアしていきます。

「ヨーグルトメーカー」で低温調理する

ヨーグルトメーカーは、様々な種類のヨーグルトを作ることが出来るキッチン家電です。

普通のヨーグルトをはじめ、話題になったカスピ海ヨーグルト、
ギリシャヨーグルトなども自宅で簡単に作ることができるとあって色んなメーカーから発売されています。

特徴としては、ヨーグルトだけではなく、
色んな発酵食品を作ることが出来る点も注目したいところですね!

どんな調理ができるのか?というと

  • 料理などに使われる塩麹
  • ダイエットなどに良いと言われている甘酒
  • チーズ
  • 納豆

作るのにかなり時間がかかる「天然酵母」も作ることが出来るという点もポイントが高い!

私はこれだけで完結すると思っていたのですが、
実は、「ヨーグルトメーカー」を使っての低温調理することで
鶏肉、豚肉、牛肉、魚も調理できると小耳にはさみました。

最初に少しお話した通り、

ヨーグルトメーカーを使うと発酵食品や低温調理が出来るのは
「一定の温度で加熱することが出来る」キッチン家電だからです。

様々な使い方をして、いろいろな料理に使えば、
料理のレパートリーも増えて食卓をもっと楽しいものに
することも出来るんですよ。

本当に低温調理できるの?

ちょっと心配。

ヨーグルトメーカーだから
甘酒とかチーズとか分かるけど
魚や肉が低温調理できるのか?って疑問ですよね。

ということで、

低温調理に適しているヨーグルトメーカーを選ぶにもポイントがあるようなので自分なりに調べてみました。
購入する前にチェックしておかないと低温調理が出来ない場合があるようなのです。

チェックポイント

  • 温度設定が希望の温度まで出来るタイプのもの
  • タイマー機能は何時間まで可能か
  • 牛乳パックをそのまま使うタイプのものは難しい

ということで、

ヨーグルトを作る際に、牛乳パックをそのまま使うタイプのものは
ヨーグルト専用のヨーグルトメーカーの場合が多く、
低温調理で他のものを作ることが出来ない。

専用容器を使うタイプのものは、ヨーグルトだけではなく
発酵食品など他の物を作ることが出来るので便利だけど
販売価格は少し高めになる傾向にある。

個人的には、ヨーグルトメーカーで作れるものは低温調理器で作れるので

  • レシピの幅を広げたい
  • 美味しいおかずを作りたい
  • 栄養を外に逃したくない
  • まとめて作りたい

という方には、低温調理器をおすすめします。
低温調理器「BONIQ(ボニーク)」だとスイーツも出来るくらい優れものなんですよ。

ヨーグルトメーカーで低温調理する場合のレシピ掲載

  1. 鶏むね肉
  2. 豚肉
  3. サーモン
  4. ローストビーフ

4つのレシピを順にご紹介しておきますね♪

1.低温調理をヨーグルトメーカーで!【鶏むね肉編】

〇鶏チャーシュー

【材料】
鶏むね肉250~300g、みりん25㏄、しょうゆ25㏄、
砂糖小さじ1~2、すりおろし生姜小さじ0.5

【作り方】

①鶏肉は皮を取っておきます

②鶏肉以外の調味料を鍋で一度煮立たせます

③密閉袋に煮立たせたタレと鶏むね肉を入れて空気を抜きます

④ヨーグルトメーカーの専用容器に密閉袋のまま入れ、
60℃くらいのお湯を密閉袋が浸かるように入れます

⑤設定温度65℃にして2時間タイマーをします

⑥2時間のタイマーが終わったら冷めるまでそのままにします

⑦冷めたら袋から出して切り、盛り付けてタレをかけたら出来上がり

温かいご飯に乗っけて、細かく刻んだネギをパラパラとかけたら、
鶏チャーシュー丼になります。

豚のチャーシューよりもあっさりしているので
ラーメンのトッピングにも良いですよ。

2.低温調理をヨーグルトメーカーで!【豚肉編】

〇豚の角煮

【材料】
豚バラブロック250~300g、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、
砂糖小さじ1、八角1かけ(ない場合は不要) ※酒はあれば紹興酒

豚バラブロック250~300g、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、
砂糖小さじ1、八角1かけ(ない場合は不要) ※酒はあれば紹興酒

【作り方】

①豚バラブロックは5つくらいに切り分けます。
味をしみ込ませたい場合はフォークで全体を刺します

②密閉袋に豚バラと調味料を入れ、空気を抜きます

③沸騰して火を止めて1分置いたお湯と密閉袋に入れた豚バラを
ヨーグルトメーカーに入れます

④設定温度60℃にして2時間タイマーをかけます

⑤タイマーが切れたら取り出して冷まします

豚バラブロックだけではなく、ロースやモモ肉でも
豚バラよりもさっぱりした出来上がりにはなりますが、
美味しく作ることが出来ます。

3.低温調理をヨーグルトメーカーで!【サーモン編】

〇サーモンコンフィ

【材料】
サーモン(刺身用)1サク、オリーブオイル適量
しょうが2切れ、塩全体量の0.8%、バジルとレモンは好みで

【作り方】

①サーモン、オリーブオイル、しょうが、バジルを袋に入れて、
全体量の0.8%の塩を入れて、優しく揉みこみます

②袋の空気を抜きます

③ヨーグルトメーカーに50℃のお湯を入れ、
その中に材料が入った袋を入れて10分加熱します

④加熱が終わったら取り出して、お好みの大きさに切り、
盛り付けて出来上がり

なかなか自宅ではサーモンコンフィを作る方はいませんが、
ヨーグルトメーカーを使うことで、
お洒落で美味しいサーモンコンフィを簡単に作られますので
おすすめですよ。

5.低温調理をヨーグルトメーカーで!【ローストビーフ編】

【材料】
牛モモ肉300g、塩少々、ローリエ1枚
玉ねぎ1/4、にんにく1かけ、しょうゆ大さじ2、はちみつ小さじ1
赤ワイン大さじ1(なくてもOK)

【作り方】

①牛モモ肉に塩を擦りこみます

②玉ねぎ、にんにくをすりおろしておきます

③密閉袋に牛モモ肉とローリエ、玉ねぎ、にんにく、
他の調味料を入れて、冷蔵庫に一晩入れます

④ヨーグルトメーカーの専用容器に熱湯を250ml入れ、
密閉袋を沈めます

⑤設定温度62℃でタイマーを3時間でセットします

⑥タイマーが切れたら袋から出してカットし、
袋の中の汁を鍋で煮詰めてソースを作り、
盛り付けた上からかけたら出来上がりです

ローリエは牛肉の臭みを取るために使用しますが、
手に入らなかった場合はなくても大丈夫です。

レパートリーが広がる♪低温調理器について

ヨーグルトメーカーはヨーグルトを自宅で簡単に作れることを考えて開発されたものなので、
低温調理をするには不安もありまとめて作ることもできないこともあり

個人的な意見ですが

低温調理をするなら「低温調理器」を使った方がよいという結論です。

ただ、ヨーグルトやチーズ、甘酒などを作るのならOKですが本格的に低温調理をするのであれば「低温調理器」を使った方がお得なのです。

ボニーク 低温調理 使い方

低温調理器では

  • ヨーグルトメーカーで作るものはすべて作れる。
  • 量もまとめて作ることができる。

この2点だけでも、少しお金を多めに出して低温調理器を買った方がお得だなと思えるのです。

また、料理のレパートリーが広がるし、安いお肉が低温調理をひと手間入れるだけでめちゃくちゃ美味しくなる。
栄養も逃げずに調理できる点などメリットが多い。

ちなみにスイーツも作れるという優れものだったんですよ、低温調理器って。

いちいち低温調理なんてやってられない!という方は
ヨーグルトメーカーの方が使えるアイテムだと思います。

低温調理器についてもっと詳しく知りたい方は
一度チェックしてみてください♪
↓↓↓
>>低温調理器BONIQ(ボニーク)